オズクロノクロニクル攻略wiki

時計ウサギ[ラビオラ]解説&攻略

オズクロ(オズクロノクロニクル)のプレイヤーキャラクター、ラビオラ(リンク:時計ウサギ)の基本情報&攻略記事。 クエスト攻略における立ち回りやおすすめルーン編成、コスチューム情報も掲載。

▼ 目次

【オズクロ】時計ウサギ[ラビオラ]基本性能【オズクロノクロニクル】

 プロフィール

CV:竹達彩奈

泣き虫で慌てん坊な時計ウサギの子。アリスを探し続けてオズの世界を走り回っている途中でドロシーと出会う。逃げ足がとても早く、突然どこかに走り去ってしまうこともあり、ドロシーたちを困らせる一面も。

 ラビオラ コスチュームガチャアニメーション

 リンク情報

LINK1

入手条件ストーリークエストNORMAL「ハートの女王の悪夢10」クリア
戦闘タイプ 近距離・物理攻撃タイプ
操作難度 ★☆☆☆☆

 基本情報

「時計ウサギ」は、ストーリークエストNORMAL難易度「ハートの女王の悪夢10」をクリアした後に使用できるようになるリンク。

接近戦、特に範囲攻撃に特化しており、豊富な範囲攻撃技やスタンやダウン効果を持ったスキルを習得し、攻撃面において整った性能を誇る。

攻撃スキルのほとんどがラビオラの魔法防御の値に応じてダメージボーナスを得る効果を持つが、基本的には物理攻撃値を上げられるならば物理攻撃を上げてしまったほうが結果的にダメージが上昇する。

まずは物理攻撃を高めた上で余裕ができたらトパーズルーンを装備していくといいだろう。

使用するスキルは不思議の国のアリスにちなんだ時計などが元ネタ。

通常攻撃は2発ずつ2セットの範囲攻撃で、1セット目の攻撃から2セット目の攻撃に移行するまで少々間隔がある。

そのため通常攻撃の間に各種スキルを挟むことでダメージ効率を伸ばすことが可能。

扱いやすい範囲攻撃のスキルが揃っており、さらにリンクLv後半で習得できるスキルにより単体に対するダメージもかなり上昇し、覚醒ボスから通常クエストまでこなすことができる。

各種クエスト攻略においておすすめのリンクだ。

 時計ウサギ[ラビオラ] 関連動画

【オズクロ】時計ウサギ[ラビオラ]スキル詳細【オズクロノクロニクル】

[必殺技] アナザーワールド

SPが100%溜まった時に発動できる必殺技。

魔法の力で大きくなったラビオラのキャリーに相手を閉じ込め、何度も叩き付けて勢い良く吐き出すスキル。

現状の全ての必殺技は演出を除けば倍率や性能などは全て同じ。演出中は無敵かつ、フィールド全体にまとめて攻撃することが可能な、きわめて優秀なダメージソースだ。

[LINE 1] ラブリーベア

習得リンクLv初期
攻撃範囲ターゲット 中心 円形
射程距離30m
クールタイム20秒

キャリーからクマのぬいぐるみを発射し、範囲内の敵にダメージを与えるスキル。ヒットした敵に3秒間のスタン効果を付与する

ラビオラの魔法防御の値によってダメージボーナスを得る。

攻撃の発生速度が遅いが、攻撃範囲がかなり広い攻撃スキル。

前方の広範囲だけでなく後ろにいる敵も巻き込んでヒット、スタンさせることが出来るため、通常攻撃が当たらない位置にいる敵に対する牽制としても有効。

クールタイムも比較的短く、扱いやすいスタン付与スキルだ。

ヒット後は後述のワンダーウォールへと派生させることができる。

[LINE 1] ワンダーウォール

習得リンクLv 
攻撃範囲ターゲット 中心 円形
射程距離3m
クールタイム45秒

ラブリーベア発動後、一定時間以内にスキルボタンをタップすることで発動できる派生スキル。

ラビオラのキャリーを巨大化させ、前方に叩きつけて攻撃した後、ウサギのスプリング人形で追加ダメージを与える二回攻撃の技。

ラビオラの魔法防御の値によってダメージボーナスを得る。

単発のダメージ倍率が高く、攻撃範囲はラブリーベアとほぼ同じ。単体相手でも複数相手でも活躍できる。

ラビオラの派生スキルの中では汎用性が高く、優秀なスキルだ。

なお、クールタイムは45秒と長く、ラブリーベアを最速で発動しても二回打ち終わるまでは派生させることが出来ない。

また、モーション自体は長めなので、敵の吹き飛ばしや強制ダウン属性を持つ技でキャンセルされる可能性があることに注意。

[LINE 2] タイムストップ

習得リンクLv 初期
攻撃範囲詠唱者 前方 半円
射程距離4m
クールタイム50秒

魔法陣を召喚し、ラビの周囲の敵を5秒間行動不能にするスキル。

敵の攻撃を強制的にキャンセルし、強制的に行動不能にすることが出来るため被ダメージを極端に低下させることが可能。強力なスキルだ。

クールタイムは50秒と長いが、それを補って余りある効果を持つ。

なお、効果範囲はラビオラの前方半円のみとなっており、通常攻撃と同程度しか無い。発動位置に気をつけてなるべく敵全体を巻き込めるようにしよう。

ヒット後は後述のタイムクエイクへと派生させることができる。

[LINE 2] タイムクエイク

習得リンクLv 
攻撃範囲詠唱者 中心 円形
射程距離4m
クールタイム30秒

タイムストップ発動後、一定時間以内にスキルボタンをタップすることで発動できる派生スキル。

効果範囲内の敵に強力なダメージを与え、タイムストップの効果時間内であれば行動不能効果を強制的に解除する。

ラビオラの周囲に存在する、時間が停止している敵に強力なダメージを与えるスキル、と記載されているが、実はタイムストップがヒットしていない敵やタイムストップの効果が終了した敵にも、このスキルの効果範囲内にさえ居ればダメージを与えることができる

ダメージ倍率は通常攻撃の二倍程度。スキルモーションが長く、スキルがヒットするとタイムストップの行動不能効果が残っていても解除されてしまうため、タイムストップをヒットさせた後すぐにこのスキルへ派生させるのは控えよう。

なお、タイムストップの効果時間が終了する直前まで引きつけてタイムクエイクを発動すれば、効果時間である5秒が過ぎても、タイムクエイクのダメージ判定が発生する瞬間まで行動不能効果は解除されないので、実質的にタイムストップの効果時間を若干延長させることができる

目安としてはタイムストップ→通常攻撃1セット→通常攻撃4発目のダメージポップアップが出現した瞬間にタイムクエイクと発動すると、ちょうど効果が終わる寸前にタイムクエイクを発動することができるので覚えておこう。

[LINE 3] ぐるぐるキャリー

習得リンクLv 
攻撃範囲詠唱者 中心 円形
射程距離3m
クールタイム35秒

ラビオラを中心にキャリーをぐるぐる回転させて周囲の敵にダメージを与えるスキル。スキル発動中は強制ダウン吹き飛ばしなどを含む全ての状態異常を無効化する。

周囲の敵に4回ダメージを与える、スタンダードな範囲攻撃スキル。

特筆すべきはダウン状態などの全ての状態異常を無効化する効果。強制ダウン効果を持つボスの範囲攻撃などに合わせて発動することで、ダウンせずにゴリ押しで攻めを継続することが可能だ。

ただし、状態異常を無効化するだけでダメージは受けるので注意が必要。

ヒット後は後述のキャリーダイブへと派生させることができる。

[LINE 3] キャリーダイブ

習得リンクLv 
攻撃範囲詠唱者 前方 半円
射程距離3m
クールタイム15秒

ぐるぐるキャリー発動後、一定時間以内にスキルボタンをタップすることで発動できる派生スキル。

ラビオラがキャリーを盾に前方にダイブし、敵にダメージを与えると同時に少し後方に吹き飛ばす。

攻撃後、10秒間被ダメージ減少HPを最大値の5%回復10秒間クリティカル発生率20%増加のいずれかのバフ(強化)が付与される。

単発だがダメージ倍率はタイムクエイク以下通常攻撃以上といった威力。攻撃判定の発生は早く、攻撃範囲も広いのだが、スキルヒット後立ち上がった際に少し長めの硬直が発生してしまうのがネック。

硬直自体は必殺技やアクティブスキルでキャンセルすることが可能。

また、敵を吹き飛ばした上で若干散らしてしまうため、複数体にヒットさせた場合その後の通常攻撃や範囲攻撃をする際に再接近が必要になってしまう。

位置によっては通常攻撃を全員にヒットさせることが出来なくなってしまい、少々扱いづらい。

追加効果の付与はランダムだが、10秒間クリティカル発生率+20%の効果が付与された場合は目に見えてクリティカル発生率が上昇し、大幅な火力増加が見込める点は大きい。

[LINE 4] クイックキャリー

習得リンクLv 
攻撃範囲ターゲット
射程距離3m
クールタイム45秒

ラビオラが敵単体にキャリーで素早く2回攻撃するスキル。連続で3回まで発動することができる

ラビオラの[時計ウサギ]リンクが持つ唯一の単体攻撃スキル。

範囲攻撃メインのリンクながらこのスキルを2ヒット×3回発動させた際の秒間ダメージ総量が凄まじいおかげで、対ボス戦において無類の強さを誇る。

クールタイムが45秒と長めである点以外はこれといった欠点も無く、スキルモーションも短く接近スピードもかなり早いため、ラビオラの主力となり得るスキルだ。

ちなみに後述のビッグスタンプに派生させる際はこのスキルを3回キッチリ発動する必要があり、途中で止めたり強制ダウンなどでキャンセルされてしまった場合は派生させることが出来なくなるので注意。

[LINE 4] ビッグスタンプ

習得リンクLv 
攻撃範囲詠唱者 中心 円形
射程距離7m
クールタイム45秒

クイックキャリー発動後、一定時間以内にスキルボタンをタップすることで発動できる派生スキル。

前方をキャリーで叩き付け、衝撃波を発生させて範囲ダメージを与える。

ラビオラの魔法防御の値によってダメージボーナスを得る。

攻撃範囲がかなり広く、後方の敵も巻き込むことができる範囲スキル。

クイックキャリーの派生スキルながらクセが無くダメージ倍率も良い。

ヒット後は後述のラッシュキャリーへと派生させることができる。

[LINE 4] ラッシュキャリー

習得リンクLv 20
攻撃範囲詠唱者 中心 半円
射程距離3m
クールタイム15秒

ビッグスタンプ発動後、一定時間以内にスキルボタンをタップすることで発動できる派生スキル。

ラビオラが目にも留まらぬスピードで広範囲にラッシュを仕掛けて敵に連続で範囲ダメージを与え、最後に前方にキャリーを叩き付けてフィニッシュする。

ラビオラの魔法防御の値によってダメージボーナスを得る。

時計ウサギ[ラビオラ]の主力スキル。

クイックキャリーをそのまま範囲ダメージ化してダメージボーナスを付与したような技であり、全て派生させた時のダメージ倍率は他と比較出来ないほど。

攻撃範囲が通常攻撃と同程度なので、なるべく敵が密集している状態で発動したい。

Lv20で覚えられるこの技を習得しているか否かでザコ敵の殲滅力に大きな差が出るので、ラビオラ[時計うさぎ]をなるべく早く育てて習得しておきたいスキルである。

【オズクロ】時計ウサギ[ラビオラ]立ち回りのコツ【オズクロノクロニクル】

オズクロ(オズクロノクロニクル)の時計ウサギ[ラビオラ]は、集団に突っ込み範囲攻撃で一気にダメージを与えて敵を殲滅することが可能なリンク。

そのスタイルゆえに被ダメージがどうしても避けられない部分はあるが、工夫次第でダメージは抑えることができるので、その立ち回りを覚えていこう。

スタンや行動不能効果を絡めた連携を使おう

時計ウサギ[ラビオラ]が習得するクイックキャリー→ビッグスタンプ→ラッシュキャリーの連携は1セット叩きこむことでかなりのダメージを叩き出せる強力なスキルだが、

3つのスキルに追加効果は一切ないので攻撃中は実質無防備になってしまう。

そこで、敵に3秒間のスタン効果を付与するラブリーベアや、5秒間の行動不能効果を付与するタイムストップを連携中に絡めていこう。

連携の一例として、単体相手の場合

1.クイックキャリーを全段ヒットさせる
2.通常攻撃を1ヒットさせてラブリーベアでキャンセルして敵をスタン
3.再び通常攻撃を1ヒットさせビッグスタンプ派生でキャンセル
4.その後通常攻撃の残り2ヒットを繰り出しタイムストップでキャンセル
5.行動不能状態の敵にラッシュキャリーでフィニッシュ

このようにスタンを絡めた連携を行うことで敵に反撃の隙を与えず倒しきることが可能だ。

また、被ダメージを抑えることは勿論、強制ダウン攻撃などによって途中でキャンセルされてしまうことも防ぐことができる。

ちなみにこの連携はあくまで一例なので、もっと良い連携は状況に応じてまだまだ存在するはず。ぜひ探してみて欲しい。

位置取りに気を配り、通常攻撃を当てて範囲の確認をしよう

時計ウサギ[ラビオラ]の持つタイムストップやラッシュキャリーは強力なスキルだが、効果範囲が通常攻撃と同程度とあまり広くない。

そのため斜め後ろに居る敵にスキルがヒットしない場合が非常に多く、せっかくの強力な範囲スキルも複数体に当たらないのは少々勿体無い。

対策として、敵が複数体いる場合はスキルを発動させる前に通常攻撃で敵全体を巻き込めるかどうか確かめてから撃つと効果的だ。

もし通常攻撃が全体に当たらない場合は、回避で一旦場所を変えてからスキルを発動させると効率が良いだろう。

【オズクロ】時計ウサギ[ラビオラ]おすすめルーン編成【オズクロノクロニクル】

物理攻撃値を高める

オズクロ(オズクロノクロニクル)において、まず編成の際に注意して欲しいのは、ラビオラの[時計ウサギ]などの物理攻撃タイプのリンクは、与えるダメージが物理攻撃の値に応じて増減していくということ。魔法攻撃の値をいくら上げてもダメージの増加に繋がらないので注意しよう。

接近戦に持ち込んで一気呵成に攻めていくタイプの時計ウサギ[ラビオラ]は、ドロシー[長靴をはいた猫]と同じく物理攻撃を上げていくことを意識することで最も効率よく強化が可能だ。

ドロシー[長靴をはいた猫]用に装備しているルーンがあるならば、比較的組みやすいだろう。

そのため少々ドロシー[長靴をはいた猫]と似通った内容になってしまうがご容赦願いたい。

注意すべきはドロシー[長靴をはいた猫]と違ってスキルのダメージボーナスは魔法防御の値を参照しているということ。

魔法防御値のボーナスはそこまで重要ではないが、サファイアタイプのルーンよりはトパーズタイプのルーンを装備すべきであるという点に気をつけたい。

おすすめリーダー

オズクロ(オズクロノクロニクル)のリンク、時計ウサギ[ラビオラ]を使う際のおすすめリーダー枠用ソウルルーンを一部紹介。

物理攻撃力を中心に上げていき、ラッシュ力を活かしていくための編成一例なので参考程度に見てほしい。

フック船長 ★5 ルビータイプ

時計ウサギ[ラビオラ]と相性の良いトップクラスの物理攻撃値と、必殺技の回転率を上げるアクティブ、クリティカル率と物理攻撃値を倍率上昇させるパッシブと、特に弱い点が見当たらないソウルルーン。

是非とも組み込んでおきたい一枚。

オデット ★5 タイプ自由

アクティブスキルは物理、魔法攻撃力を50%上昇させる効果。

時計ウサギ[ラビオラ]のラッシュキャリーをはじめとするスキルのダメージ効率が劇的に上昇し、クエスト中における殲滅力が段違いなので、特定の組み合わせ以外では基本的にリーダーに据えておけば間違いがないルーンだ。

リーダにする上でおすすめのタイプは、回避を多用していくスタイルならばエメラルドタイプやダメージボーナスを得られるトパーズタイプ、

汎用性が若干落ちるが、他のルビールーンと組み合わせていきたいならばルビータイプも充分採用できる。

パッシブ編成おすすめルーン

時計ウサギ[ラビオラ]を使う際のおすすめパッシブスキル枠用ソウルルーンを一部紹介。

あくまで物理攻撃力を中心に上げていくための一例なので参考程度に。

みにくいアヒルの子 ★4→★6 ルビータイプ エメラルドタイプ

他の装備中のルビールーン1個につき物理攻撃力が3.2%上がっていくパッシブスキルを持つ、非常に優秀なソウルルーン。

物理特化ステータスを持っているため、時計ウサギ[ラビオラ]と相性が良い。

ルビータイプ中心で編成する際は必ず組み込んでおきたいルーンのひとつだ。

九尾の狐 ★4→★6 ルビータイプ エメラルドタイプ

他の装備中のルビールーン1個につき物理攻撃、魔法攻撃が3%上がっていくパッシブを持つ。

物理、魔法両刀ステータスのため、物理特化であるみにくいアヒルの子と比べてわずかに倍率が落ちるが、時計ウサギ[ラビオラ]の火力の底上げに関しては過不足ない性能を誇る。

エメラルドタイプ

タヌキ ★3→★6 ルビータイプ

みにくいアヒルの子や九尾の狐と同じく、ルビールーンの数に応じて物理攻撃力を3%上昇させるパッシブスキルを持つソウルルーン。

単体での能力値は、物理、魔法両刀かつ初期段階では全体的に控えめ。タイプ混成の編成には向かないが、時計ウサギ[ラビオラ]の装備をルビールーンのみで編成する場合は絶対に組み込んでおきたい。

ルビールーンを使わない場合でも持っていて損はないソウルルーンだ。

フランケン 緑 ★3→★6 エメラルドタイプ

装備しているエメラルドルーン1個につき、物理攻撃力が2.8%上昇するというパッシブスキルを持つルーン。

全体的なステータスは控えめだが、時計ウサギ[ラビオラ]の装備をエメラルドタイプ中心で編成する際に物理攻撃力を底上げ出来るスキルは非常に協力。

エメラルドタイプ

【オズクロ】時計ウサギ[ラビオラ]情報まとめ【オズクロノクロニクル】

単体も複数も卒なくこなせるラッシュタイプのリンク

オズクロ(オズクロノクロニクル)の時計ウサギ[ラビオラ]は、強力な範囲攻撃と爆発力のある単体攻撃を併せ持つ接近戦特化のリンク。

イベントクエストなどの高速周回における適正が高く、耐久力の高い敵もスキルを用いたラッシュで一気にHPを奪っていくことができる。

また、タイムストップラブリーベアなど敵を拘束できるスキルも一通り揃っているので、工夫次第でダメージを受けない立ち回りをすることも可能。

基本的には攻めに傾倒していながらも、走攻守揃ったリンクなので育てておいて損はないだろう。

あわせて読みたい他キャラクターリンク解説記事

▶︎

▶︎

    • 画像の添付(任意)